whatscrm

CRMで顧客情報を一元管理しませんか!


CRMとは

顧客情報の管理や商談履歴を登録して活用するシステムです。
エクセルで管理している情報や営業マン個人が持っている情報を集約・共有することにより、顧客に効率よくアプローチして商品やサービスの提供をすることが可能になります。顧客と適切なコミュニケーションを継続して、顧客の満足度を高め、長期的な収益の向上を目指すことが出来ます。

顧客情報一元管理のメリット

oteage自社の営業マンや顧客の増加に伴い、顧客のニーズやこれまでの取引履歴などの情報共有が非常に難しくなります。営業マン一人ひとりが持っている顧客情報をCRMに集約すれば、情報は個人の資産から全社で利用できる会社の資産となり、効率的にアプローチすることが可能になります。

休眠顧客への定期的なアプローチは重要!

休眠顧客とは一定期間サービス・商品の利用・購買がない顧客のことです。CRMで顧客情報を管理することにより、過去の購買・利用の実績を分析し、顧客の趣味・嗜好・興味などニーズにあったサービス・商品を提案することが可能になります。休止していた利用・購買を促進することにより、顧客一人あたりの生涯価値を高めることができます。

定期的なコンタクトで見込み客を育てる!

見込み客(リード)を育成して受注に結びつけるプロセスを管理しましょう。サービス・商品によっては単価が高く、検討期間が長期に渡るものもあり、購買の意思決定をしてもらうまでに中長期的に関係性を保つことが重要な場合があります。CRMで顧客情報を管理することにより、顧客の検討時期に合わせたアプローチを可能にします。

営業状況をリアルタイムで把握

CRMには日報や営業進捗を管理する機能を備えているシステムもあります。顧客情報と商談・取引履歴や購買情報を一元かつリアルタイムに管理すれば、営業部署ではスピーディーに営業戦略を判断することが可能です。
また営業マンにとっては、顧客情報や日報を一元管理できれば、入力の手間を省くことにもつながり、結果的に顧客情報などを会社の資産として残していくことができるようになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA