vtigerCRM Info Jp 「見込み客から顧客への昇格」のページを追加しました。


見込み客と顧客企業、顧客担当者、案件の関係

vtigerCRMで扱う顧客情報のメインとなるのが、「見込み客」、「顧客企業」、「顧客担当者」及び「案件」です。

未だ取引の可能性が未知な状態のお客様は「見込み客」で一旦管理します。

電話や訪問面談を経て、取引の可能性があり、相手先として与信も問題無い場合は「取引の対象」として、「顧客担当者」、「顧客企業」に昇格します。同時に商談が発生する場合は「案件」を作成して管理していきます。

勿論、「先代からの取引先」などの既存顧客は見込み客と言うステージを経由しないで直接、「顧客担当者」や「顧客企業」になります。

1

見込み客から顧客への昇格する機能

vtigerCRMの便利な機能として既にある「見込み客」を「顧客」の情報である、「顧客担当者」、「顧客企業」及び「案件」へ昇格させ、データを引き継ぐ機能があります。

詳しくは下記URLで説明しています。

http://vtiger.narashino-sys.com/document/modules/promotion_from_leads.php

世界的に有名なVTigerCRMはマーケティングと販売管理を中心にした、非常に多機能な統合型CRM(顧客関係管理)ソフトです。

VTigerCRMはオープンソースソフトとしてソースコードが公開されていますので、無料で利用でき、カスタマイズも可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA